広安大橋

釜山紹介

釜山市、外国人留学生・住民等とともに低所得者層への支援に乗り出す

2021-11-25 13  ヒット
内容

부산시에 거주 중인 외국인 유학생‧주민들과 함께 저소득 취약계층 돕기 행사  


釜山市は、釜山市在住の外国人留学生や住民等とともに低所得者層への支援イベントを行っていると発表した。


11月13日、東区アンチャン村を訪れ、練炭(2,300個)、灯油、マスク(6,000個)等を届ける「愛の練炭分かち合い」活動を行った。また、20日には東区庁前の広場でキムチを漬ける「韓国食文化体験」や「越冬キムジャン(キムチを漬けること)分かち合い」イベントを行った。


市は「釜山国際交流財団」、「青少年多文化国際奉仕団(YMIS)」、「釜山多文化国際学校」、「韓国国際協力団(KOICA)釜山事務所」、「多文化共同体」等が共同で、外国人留学生や外国人住民等が参加する社会貢献活動を実施しており、今年で7回目となる。


「愛の練炭分かち合い」活動に参加した外国人留学生は、「微力ではあるが、恵まれない方々に暖かい冬を過ごしてもらいたいという思いで活動に取り組んだ。やりがいがあって、本当に良い経験となった。」とし、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が一日も早く終息し、より活発にボランティア活動が行えるようになることを願っている」と感想を述べた。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期化等により、ボランティア活動の機会も大幅に減少し、低所得者層の地域における孤立がさらに深刻化している。このような状況下で、釜山市が外国人留学生や住民等と共にボランティア活動を行うことで、地域社会に貢献している。


お問い合わせ:地産学協力課051-888-6785。