広安大橋

釜山紹介

釜山市、10月3日まで「社会的距離の確保」3段階に引き下げ

2021-09-06 56  ヒット
内容

釜山市は、9月6日から「社会的距離の確保」を第3段階に引き下げる。適用期間は、チュソク(お盆)連休を考慮し、来月(10月)3日までの4週間の間となる予定だ。

釜山市は、地域経済や新型コロナワクチンの接種状況などを総合的に判断し、生活防疫委員会や中央対策本部との協議を行い 、「社会的距離の確保」の段階を第3段階に引き下げる。 ただし、依然として地域内に感染力の強い「デルタ株」がまん延しており、一部防疫措置の強化を行う。

まず、今月6日から、私的な集まりの人数制限は4人までとし、 新型コロナワクチン接種完了者を含む場合は8人まで認める。

新型コロナワクチン接種未完了者の場合は4人まで可能だ。行事と集会も49人まで認める。

これまで営業が中断されていた▲遊興施設(遊興飲食店・団らん飲食店(社交飲食店)・ナイトクラブ・感性居酒屋(若者向けダンス居酒屋)・相席居酒屋)、コーラテック(高齢者向けディスコ)・ダンスホール、ホールダムパブ・ホールダムゲーム場(お酒を飲みながらカードやゲームができる店)、▲カラオケの運営は再開される。ただし、営業時間は22時までとなる。

▲食堂・カフェ、コンビニ、屋台は22時まで店内での飲食は可能で、22時から翌5時までは、テイクアウト・デリバリーのみ許可される。また、施設面積に関係なく全ての営業施設において座席またはテーブル間の距離の確保などが義務付けられる。

多数の感染者が発生している▲公衆浴場業に関しては、現在と同様に22時まで営業可能で、発汗施設(サウナ・岩盤浴施設等)の運営は禁止される。

無症状感染者の早期発見に向けて▲従事者の定期的な新型コロナ診断検査の実施も強化される。市は遊興施設とカラオケ(コイン式カラオケ含む)、公衆浴場業、室内体育施設、学習塾・教習所、デパート・大型マート、インターネットカフェ、高齢者施設に勤務する全ての従事者を対象に定期的な新型コロナ診断検査(1回/2週)を実施する方針だ。

また、チュソク(お盆)連休中は多くの人の移動が予想されるため、「チュソク(お盆)特別防疫対策」に基づき、感染拡大の最小化に向けて全力を傾ける方針だ。感染リスクの高い施設は特別点検を行い、連休期間中、選別診療所や感染病専門病院などの医療体制の構築を徹底していく予定だ。


釜山市、「社会的距離の確保」第3段階(9月6日~10月3日)