Skip Navigation

釜山で歩こう 「YOLOカルメッキル」

海岸、川辺、登山の10コース

地域の魅力が詰まった道 アクセスも便利 


松亭、二妓台、ヒンヨウル、多大浦、マリンシティ…

市民や観光客にお勧めのトレッキングコース


2-1-18 권성훈
△釜山の誇るトレッキングコースのカルメッキルがもっと魅力的になる。釜山市は、より多くのカルメッキルコースを選定し、快適に歩けるコースを整備する(写真は南区二妓台カルメッキルの様子)。


 釜山広域市は、トレッキングコース「カルメッキル」の中で、公共交通機関でアクセスしやすく、地域の魅力が詰まった「YOLOカルメッキル10選」を選定した。YOLOとは「You Only Live Once(人生は一度きり)」の略称で、人生を最大限楽しもうという意味がある言葉だ。またYOLOは、釜山の方言「イリロ・ヨギロ(こちらへ)」と発音が似ていることから、「釜山に来たら必ず歩かなければならない道」という意味も込めた。


YOLOカルメッキルは、カルメッキル全体(21区間、278.8km)のうち、海岸(7コース)、川辺(1コース)、登山(2コース)で選んだ全10コース・100kmとなる。釜山市民であればカルメッキルの魅力を普段と違う角度から感じられるように、観光客であれば2、3日程度の釜山滞在でカルメッキルを体験できるように構成されている。カルメッキルの全区間を歩かなくても、主要なコースを短い時間で楽しめることが特長だ。


YOLOカルメッキルのコースの区間や距離、おおよその所要時間は以下の通り。


第1コースのカルメッキル・ザ・ビギニング【林浪(イムナン)海水浴場~機張(キジャン)郡庁、12km、3時間】、△第2コースのシークレット・コーヒーロード【機張郡庁〜松亭(ソンジョン)海水浴場、16km、4時間】、△第3コースのブルーライン青い砂【旧松亭駅〜尾浦(ミポ)、5km、1時間半】、△第4コースのセンタム・ムービートゥナイト【マリンシティ〜広安里(クァンアンリ)、5km、1時間半】、△第5コースの五六島 最高の天気!【二妓台(イギデ)〜トンセンマル、4.5㎞、1時間半】、△第6コースの影島(ヨンド)ヒンヨウルへ行こう!【影島大橋〜アミル公園、16km、4時間】、△第7コースのサンセットピクニック【新平(シンピョン)〜多大浦(タデポ)、8km、2時間】、△第8コースの洛東正脈(ナクトンジョンメク)巡礼道【乗鶴山(スンハクサン)〜九徳山(クドクサン)、12km、3時間】、△第9コースの人生 三楽の道【三楽(サンラク)生態公園〜亀浦(クポ)駅、10.5km、3時間】、△第10コースの金井山城へお出かけ【亀浦駅〜東門、11km、2時間半】―。YOLOカルメッキルは海や山、映画、コーヒーなど釜山の歴史や魅力が詰まった道で、市民や観光客が気軽に足を運べるように整備されている。


釜山市は3月19日、南区の五六島にあるスカイウォーク前の野外特設ステージで「YOLOカルメッキル宣言式」を行い、本格的に始動した。釜山の朴享埈(パク・ヒョンジュン)市長は、「YOLOカルメッキル事業が成功して定着すれば、釜山市民のカルメッキルに対する自負心がさらに高まるだろう。YOLOカルメッキルを歩くためにより多くの観光客が訪れるよう、釜山のカルメッキルを改善していきたい」と話した。