Skip Navigation

「李秀賢さん、あなたのことをいつまでも忘れません」

20周忌を迎え、東京と故郷の釜山で追悼式…追悼書籍も出版


2001年1月26日午後7時15分、東京都新宿区のJR新大久保駅のホームで、日本人男性が線路に落下した。電車がホームに近づく中、韓国人留学生の李秀賢(イ・スヒョン)さん(当時26歳)とカメラマンの関根史郎さん(当時47歳)が救助のため、線路に飛び降りた。3人は残念ながら電車にひかれ、帰らぬ人となった。命を懸けて見知らぬ異郷の男性を救おうとした李さんの話は当時、韓日両国で多くの人に感動を与えた。


李さんが亡くなって今年で20年。故人の勇気ある行動を長く称えようと設立された、LSHアジア奨学会と李さんが通っていた赤門会日本語学校、新宿区韓国商人連合会は、今年の1月26日に、例年通りJR新大久保駅で追悼行事を行った。今年は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が発令されており、感染拡大防止の観点から人数制限を行ったため、多くの人が集まることは不可能だった。駅での追悼行事後に開かれた式典には、韓国の国務総理(首相)や駐日韓国大使などから、供花や追悼メッセージが寄せられた。同日、故人が埋葬された釜山広域市の市立公園墓地でも、韓日合同の追悼式が開かれた。式には故人の母・辛潤賛(シン・ユンチャン)さんや在釜山日本国総領事、釜山韓日文化交流協会の関係者などが参列した。


3-1-2 이수현 추모비

-オリニ大公園内の学生教育文化会館前にある李秀賢追悼記念碑。


コロナ禍により、毎年参加してきた東京の追悼式にやむを得ず不参加となった辛さんは、ビデオメッセージで「国境を越えて大きな人間愛を実現させようとした息子・秀賢の夢。その夢を叶えるため、これからも多くの方に応援してほしい」と語った。

釜山には、市内各地に李さんの足跡をたどれる場所がある。釜山市金井(クムジョン)区の釜山市立永楽(ヨンナク)公園には、故人の墓(園内の7墓苑 39ブロック 1106号)が建っており、誰でもお参りができるようになっている。釜山市の中心繁華街・西面(ソミョン)から市内バスで20分ほどのところにある、市民の憩いの場・オリニ(子ども)大公園内の学生教育文化会館前の広場には、李さんの慰霊碑もある。


釜山韓日文化交流協会は20周忌に合わせ、李さんの評伝『李秀賢、1月の陽光』を2月3日に出版した。書籍は追悼の詩で始まり、2001年の事故当時の様子を詳しく紹介。李さんの幼少期から留学に行くまでなどが、詳しく書かれている。