Skip Navigation

釜山の穴場「日光、林浪海水浴場」でリラックスタイム

[釜山話を聞かせてください]


ペンネーム:haru


今年は新型コロナウイルスのため、なかなか思うように外出もできず、特に小さい子どもがいるとなおさら気を遣い、外で遊びたい子をどこに連れて行こうか随分悩んだものでした。


そこで見つけた釜山の癒しスポット。釜山と言えば海ですが、海雲台(ヘウンデ)や広安里(クァンアルリ)などは広大なビーチ周辺にレストランやカフェなどが集まっていて、いかにも観光地。でもちょっと足を延ばすと他にも素敵な穴場ビーチがたくさんあります。


6-2 나카츠카 에미코님
-ある日曜日の朝の日光海水浴場。


最近、釜山の人気スポットとして注目を浴びている東釜山エリアは、鉄道「東海線」が開通してからアクセスがぐっと便利になりました。バスに乗るのが苦でなければ、鉄道駅から少し足を延ばして海辺にひっそり佇む隠れ家的なカフェにも出会えます。中でも、鉄道駅からも近い日光(イルグァン)海水浴場は休日でも混みすぎておらず、のんびり散歩をしながら海を楽しめます。


日光海水浴場の少し先にある林浪(イムナン)海水浴場もなかなかの穴場です。まだカフェなどは多くありませんが、人が少ないのでテントを張ってサムギョプサルを焼いたり、ラーメンを食べたりしてキャンプ気分を楽しむ家族の姿も見られます。そんな姿を目にするたび、「海が自慢の釜山らしい光景だな」と感じ、「次は自分も…」なんて思ったりします。


海に囲まれた釜山だからこそ、未だ知る人の少ない「隠れ家的ビーチ」が残っていて、混雑しがちな大型海水浴場ではできない楽しみ方ができるのは本当に魅力的です。