Skip Navigation

日本人観光客に親しまれている釜山の名所って?


2019年1~6月、約30万2000人が釜山を訪問
西面、海雲台海水浴場、BIFF広場などが人気


7-3 전포동 카페거리-국제신문

-田浦(チョンポ)カフェ通り


毎年2000万人以上の韓国人観光客と約200万人の外国人観光客が押し寄せる釜山広域市。同市が発表した「2018年釜山観光産業動向分析」によると、昨年、釜山を訪問した外国人観光客は約247万人で、そのうち約56万3000人が日本人だった。国別では最も多く、外国人観光客の約5人に1人が日本人という計算になる。今年の動向も昨年と似通っており、同市の調査では今年1~6月に釜山を訪れた日本人観光客は約30万2000人に上る。


日本人に人気がある釜山の観光名所はどこなのか。携帯電話の通信会社とカード会社が、携帯電話やクレジットカードの使用場所などのデータを基に割り出した18年の調査によると、日本人観光客が訪れた観光地の1位は田浦(チョンポ)カフェ通りがある西面(ソミョン)、2位は釜山を代表する海水浴場・海雲台(ヘウンデ)、3位BIFF広場、4位チャガルチ・国際市場の順だった。