Skip Navigation

イユル、ホンシムが心を通わせた竹林が釜山に


韓国ドラマ『100日の郎君様』
ロケ地「アホプ山」に注目


韓国ドラマ『100日の郎君様(原題)』のロケ地への関心が高まっている。NHK衛星放送のBSで、今年7、8月に放送された同ドラマは朝鮮王朝の世継ぎであるイユル(アイドルグループ・EXOメンバーのD.O.)が事故によって失踪。その後、平民として生活し、再び宮殿に戻るまでの100日間を描いたロマンスフィクション時代劇だ。韓国では最高視聴率14.4%という高視聴率を記録し、日本でも人気となった。NHKはドラマガイドブックを制作し、ドラマの舞台になったロケ地についても紹介している。


7-2 기장아홉산_권기학

-韓国ドラマ『100日の郎君様』が日本で放送後、主要ロケ地「機張アホプ山」への関心が高まっている(写真はアホプ山の竹林)。


ドラマは韓国の美しい自然の中で撮影されたが、そのうちの一つが機張(キジャン)郡に位置するアホプ山の森だ。韓国では珍しい、竹林と松林が調和した風景が広がる。ドラマの6話で、主人公のイユルが女性主人公のホンシムを助けるため、馬に乗って駆け抜けるシーンが「アホプ山」の森だ。


機張郡鉄馬(チョルマ)のミドン村会館を通り過ぎるとアホプ山の森に到着する。「アホプ」は韓国語で数字の9を表し、「アホプ」という地名は、峰が九つあることに由来している。総面積が約52万8000㎡規模の森で、近年最も注目を集める釜山の観光地だ。400年間ほとんど外部に非公開だった私有地で、入るには入場料が必要となる。韓国では珍しいモウソウチクが生い茂っている。


俳優のハ・ジョンウとカン・ドンウォン主演の映画『群盗』やイ・ビョンホンとチョン・ドヨン主演の『メモリーズ 追憶の剣』、ドラマ『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』(イ・ジュンギ、IU主演)など、多くの作品のロケ地にもなった。

月曜日は休み。火~金曜日はホームページ(ahopsan.com、韓国語ページのみ)または電話(051-721-9183)で予約が可能。土、日曜日は予約なしで入場できる。入場料は1人5000ウォン。