Skip Navigation

広安里の海上を歩いて、海風の心地よさを体験しよう!

첨부이미지

広安大橋、9月22日午前に上層部を車両通行止め、歩行者用道路に


7月27日、釜山のランドマークである自動車専用の「広安大橋(クァンアンテギョ)」が歩行者天国になり、早朝から釜山市民や観光客など、およそ4万人が訪れた。普段は広安里(クァンアルリ)海水浴場から眺め、車ではすぐに通りすぎてしまう広安大橋をゆっくり歩いて渡るのは格別な体験になったようだ。


自動車専用道路の広安大橋が、市民や観光客を対象に歩行者天国として開放される。写真は7月27日に行われた開放イベントの様子。

-釜山のランドマークであり、自動車専用道路の広安大橋が、市民や観光客を対象に歩行者天国として開放される。釜山市は7月にテスト開放を行い、9月22日にも開放イベントを行う。来年からは月1回程度の定期開放も計画中だ(写真は7月27日に行われた開放イベントの様子)。


「海とさらに近づいた感じでしょうか。いつも海岸から海を眺めていましたが、海上から海岸を眺めるのもいいですね」。家族と一緒に訪れた釜山市民の1人はこう語った。


釜山広域市が主催した今回のイベントは、広安大橋を観光商品化するための試験的事業。2階建て構造になっている橋の上層部4.9km区間を歩行者天国として活用し、市民や観光客が楽しめるように写真スポットを設置したほか、仮想現実(VR)体験やフェイスペイントといった体験型プログラムを実施。バンド演奏や路上パフォーマンスなどの公演も行われた。休憩所や移動式トイレ、医務室も完備されており、中間地点付近に並んだフードトラックで軽食や飲み物を買って、食べ歩きを楽しむ市民の姿も見られた。


釜山市は9月22日午前7時30分から同10時30分の間、再び広安大橋を開放する。開放区間はBEXCO料金所から南川(ナムチョン)洞のメガマートまで、橋の上層部4.9km区間。安全のため、同料金所から入り、メガマートで終わる一方通行ルートにする予定。歩行時間を考慮し、入場は午前9時まで。当日の午前6時30分~同11時は橋の上層部を車両通行止めにする。7月に行われた開放イベント同様、路上ライブやフードトラック、写真スポットを準備し、市民や観光客向けの参加型イベントも規模を拡大して催す予定だ。


釜山市は今後も開放イベントを継続して行い、来年から月1回程度の定期開放を検討している。


[アクセス] 都市鉄道2号線BEXCO駅5番出口を出て、広安大橋の海雲台方面の料金所まで徒歩で約340m。