Skip Navigation

チマ・チョゴリで釜山の街を歩こう

龍頭山公園に韓服体験館オープン
伝統衣装着用で観光施設の割引サービスも


7月1日、釜山市の龍頭山(ヨンドゥサン)公園の一角に韓国の韓服(ハンボッ)体験館「アダム」がオープンした。韓服は韓国の伝統衣装で、施設名は「美しさを詰め込んで」という韓国語を短縮した言葉に由来する。

釜山観光公社が龍頭山公園や釜山港、南浦(ナンポ)洞エリアの観光活性化のために開設した。同館では大人用と子供用のチマ・チョゴリなど伝統韓服に加え、朝鮮時代の王や妓生(キーセン)、武士をイメージしたテーマ韓服など計150着を所有している。今後、徐々に衣装の数を増やしていく予定。1回のレンタルにつき、異なる韓服を2回まで試着できる。


7月1日、釜山市の龍頭山(ヨンドゥサン)公園の一角に韓国の韓服(ハンボッ)体験館「アダム」がオープンした。韓服は韓国の伝統衣装で、施設名は「美しさを詰め込んで」という韓国語を短縮した言葉に由来する。

釜山観光公社が龍頭山公園や釜山港、南浦(ナンポ)洞エリアの観光活性化のために開設した。
- 龍頭山公園に、韓国の伝統衣装である「チマ・チョゴリ(韓服)」を手頃な値段でレンタルできる韓服体験館がオープンした(写真は韓服を着た若者たちがポーズをとっているところ)。
写真提供:釜山観光公社


韓服を着て龍頭山公園近くの観光地に行くと、入場料が割引になるサービスもある。釜山タワーの入場券は20%割引の6400ウォンで購入可能。同公園近くにある映画体験博物館の入場料も今後、割引対象になる予定。


アダムの営業時間は午前10時から午後6時まで。韓服体験の利用料金は、8月末まではどの衣装でも1時間1万ウォン。9月以降は1時間30分で伝統韓服は1万ウォン、テーマ韓服は2万ウォン。事前予約は不要で、すぐにレンタルできる。


釜山観光公社の関係者は「韓服は韓国固有の文化であり、国内外の観光客にとって楽しい思い出になる観光コンテンツだ。韓服を使った観光コンテンツを引き続き作っていきたい」と話した。