Skip Navigation

釜山の魅力をより体感…闇夜を満たす明かりの芸術に酔いしれる

Enjoy Busan「釜山」どこまで知ってる? -釜山の夜は美しい

韓国観光公社が選ぶ
釜山夜景スポット9選

4-5 메인 마린시티 야경 - 이미지투데이 

-韓国有数の観光都市・釜山広域市では日没後、高層ビル群や大型ランドマーク、山の斜面に沿って広がる家々の光が、夜の海と調和してより美しく輝く(写真はドローンで撮影したマリンシティ一帯の夜景)。写真提供・イメージトゥデイ


釜山旅行で外せないのが、美しい夜景見学だ。釜山広域市は韓国で最も夜景が美しい街の一つで、4月8日に韓国観光公社(以下公社)が発表した韓国の「夜間観光100選」では釜山にある9ヵ所の観光地が選ばれた。


公社は2月中旬から韓国国内各地の地方自治体のほか、旅行専門家による推薦、自動車ナビゲーションアプリ「Tマップ」の夜間帯に検索された約280万件の履歴をもとに、韓国各地から集めた約370個のデータベースを収集。


公社は夜間観光の魅力はもちろん、アクセスの良さや治安、安全性などを総合的に判断して選ばれた100ヵ所を選定した。今回釜山の夜間観光名所に名を連ねたのはタルマジオンドッムンテンロードやヌリマルAPECハウス、マリンシティ、松島(ソンド)スカイウォーク、松島海上ケーブルカー、多大浦(タデポ)夢の夕日噴水、 荒嶺山烽燧台(ファンニョンサンボンスデ)、東萊邑城址(トンネウプソンジ)、東区イバグギル。これらの場所で、名所が隣接しているところはまとめて紹介したい。


4-5-1 달맞이서 본 해운대 야경 -문진우

-ムンテンロードの入り口から見た海雲台の夜景。写真提供・文鎮優


□タルマジオンドッムンテンロード


ムンテンロード(MOONTAN ROAD)は「月の光を浴びながら、軽く歩ける道」という意味の散策路。海雲台区のタルマジオンドッ(月見の丘)の入り口から観光名所「海月亭(ヘウォルジョン)」を経て月見の丘の入り口に戻る循環散策路だ。距離は約2.5kmで、大人の足で余裕を持って歩くと1時間ほどだ。


このコースが選ばれたのは、海月亭から海雲台海水浴場や冬柏島(トンベクソム)、広安大橋(クァンアンテギョ)まで一望できるため。コースは緩やかな傾斜の林道となっており、歩きやすい。日没後は足元がよく見えるようにコースに沿って照明が設置されており、午後11時まで照らされている。周辺には雰囲気のいいカフェや高級レストランも並んでいるため、夕暮れ時のムンテンロードを散歩した後、食事やお茶を楽しむのもおすすめだ。


ムンテンロード入り口へのアクセス:市内バス39、100、139、141、200、1003番のいずれかに乗車し、ムンテンロード入り口で下車。 


4-5-2 누리마루야경 문진우

-冬柏島の灯台広場から見た広安大橋とヌリマルAPECハウスの夜景。 写真提供・文鎮優


□ヌリマルAPECハウスとマリンシティの夜景


海雲台海水浴場の西側で、ウェスティン朝鮮ホテルの裏手にある「冬柏島」地区周辺も夜景スポットとして有名だ。2005年にAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議が開催された「ヌリマルAPECハウス」周辺の風景は夜景の名所として知られ、同ホテルの正門側から始まる「島」の散策路から歩いて5分ほどで見えてくる。

APECハウス近くの灯台のオブジェがある広場から見える風景は最も美しく、行くなら夕暮れ時がベスト。ライトアップされるAPECハウスそのものも美しいが、遠景には明かりに包まれる釜山のランドマーク・広安大橋に加え、徐々にライトアップされていく高層ビル群も一望でき、まさに釜山の夜景スポットの代表とも言える。


「島」の向かい側にある釜山の高層ビル群「マリンシティ」の夜景も、今回選ばれた釜山夜景スポットの一つ。「島」の入り口近くの海洋レジャー施設「ザ・ベイ101」から見える風景が最も有名で、夜景を見ながらビールやコーヒーなどが飲めるため、夏は特に多くの観光客が訪れる。


アクセス:都市鉄道2号線冬柏駅1番出口を出て、大通り沿いを海岸方面に向かって10分ほど歩くと、冬柏島とザ・ベイ101が見える。  

4-5-3 해상케이블카 (3)-사진 출처 한국관광공사

-松島海上ケーブルカーと釜山の夜景。


□松島スカイウォークと松島海上ケーブルカー
 
韓国で有数の歴史を誇る海水浴場「松島海水浴場」内の人気スポット2カ所も、夜景の名所に選ばれている。釜山唯一の海上ケーブルカー(ロープウェイ)「松島海上ケーブルカー」と、海上を歩いているような気分を味わえる「松島スカイウォーク」だ。スカイウォークはその名の通り海上散策路で、曲がりくねった道が続く。散策路は海水面から比較的近く、床の一部がガラスと鉄格子になっているため、海上を歩いているようなスリルが味わえる。夜はライトアップされ、より一層幻想的な雰囲気を醸しだす。


海上を横切るケーブルカーも外せない。海水浴場の東西約1.6kmの区間を行き来しながら、西釜山エリアの夜景が見渡せる。5月末までの海上ケーブルカーの利用時間は午後8時までで、利用料金は大人1万5000ウォン(約1350円)。床が透明のクリスタルクルーズは2万ウォン(約1800円)。満3歳から小学生以下は1万1000ウォン(約990円)で、クリスタルクルーズは1万5000ウォン。詳細事項は松島海上ケーブルカーのホームページ(busanaircruise.co.kr)で確認できる。


アクセス:都市鉄道1号線南浦(ナンポ)駅8番出口から50mほど直進し、南浦洞バス停留場で30、26、71番いずれかのバスに乗車。松島海水浴場停留場で下車。


4-5-4 다대포 낙조분수-문진우

-多大浦夢の夕日噴水の音楽噴水ショー。写真提供・文鎮優


□多大浦 夢の夕日噴水


釜山の最も西側に位置する海水浴場「多大浦海水浴場」にも、「多大浦夢の夕日噴水」と呼ばれる夜景の名所がある。世界で最も大きな床噴水の一つとして、ギネスブックにも載った場所だ。噴水の延べ床面積は2,519㎡で、周囲180m、打ちあがる水の高さは最大55mにもなる。見どころは何と言っても日没後に行われる夜間噴水ショー。1000個以上のノズルから飛び出す水しぶきや噴水を彩る照明、大型スピーカーから流れる音楽と融合したマルチメディアショーだ。毎年4~10月に行われている。


5~8月の平日は午後8時、土・日曜日と韓国の祝日は午後8時と同9時の2回行われる。4月、9~10月は平日午後7時30分から始まり、土・日曜日と祝日は午後7時30分と同8時30分に始まる。ショーは1回につき約20分間。定休日は月曜日で、11~3月は行っていない。ただし、現在はコロナウイルスの感染拡大を避けるため休業中。


アクセス:都市鉄道1号線多大浦海水浴場駅4番出口を出て、120mほど直進。


4-5-6 가로 18-금련산수련원에서야경-문진우

-荒嶺山烽燧台の頂上から見た夜景。写真提供・文鎮優


□荒嶺山烽燧台(展望台)


釜山の中央部に位置する荒嶺山(ファンニョンサン・海抜427m)の烽燧台(ポンスデ)は、釜山で最も人気の夜景スポットの一つとして知られており、市民の間ではおなじみのデートコースだ。頂上の展望台に上ると、海雲台や広安里(クァンアルリ)、西面(ソミョン)、 東萊(トンネ)まで釜山の繁華街が一望できる。


頂上付近は朝鮮王朝時代に緊急時を知らせていた烽燧台(のろし台)があった場所で、現在は公園のように造成されている。山上でアクセスしづらいが、「釜山シティツアー」の夜景コースなどを利用すれば簡単に行くことができる。シティツアーは現在、コロナウイルスの影響で暫定的に運営を中断している。現時点では都市鉄道2号線の金蓮山(クムニョンサン)駅からタクシーで行くのが最も簡単な方法だ。ただし往路は傾斜があり、平地よりタクシー代がかかるので注意。


アクセス:都市鉄道2号線金蓮山駅から車で約10分。 


4-5-7 동래 읍성지 전경(드론 촬영)-동래구 

-夜の東莱邑城。写真提供・東莱区


□東萊邑城址の夜間景観


温泉で有名な「東莱」にも夜景の美しい場所がある。伽倻(カヤ)時代の遺物を展示する「福泉(ポクチョン)博物館」左側の坂道を上っていくと、釜山地域の旧城壁「東莱邑城」が見える。


邑城の入り口(北門)から右側に進んでいくと、東屋(あずまや)型の「北将台(プクチャンデ)」があり、ここから見る夜景は格別だ。東莱から温泉川(オンチョンチョン)、蓮山(ヨンサン)交差点まで、市内の中心部が一望できる。傾斜が緩やかなので、散歩にもちょうどいい。平日は午後6時半まで開館している福泉博物館(現在はコロナのため、閉館中)を見学後、北将台を訪れるのがおすすめ。


アクセス:都市鉄道1号線東莱駅4番出口を出て「東莱駅4番出口停留場」から「東莱区6番」のバスに乗車し、「福泉博物館停留場」で下車。  


4-5-8 역사의 디오라마

-スカイウェイ展望台の夜景。


□東区イバグギル、月光シャワー夜間ウォーキング祭り


最後は「夜景スポット」ではなく、夜景がきれいなスポットで行われる祭りが選ばれた。韓国観光公社主管の「2019 徒歩旅行祭り」公募で1位になった「2019 月光シャワー夜間ウォーキング祭り」は、釜山駅近くでアート作品などが並び、おしゃれな空間が広がる「草梁(チョリャン)イバグギル」を市民やガイドと一緒に歩きながら、通りにまつわる話が聞けるイベントだ。


現在コロナウイルスの影響で今年のイベント開催は未定のため、ここでは夜景が楽しめる「スカイウェイ展望台」を紹介する。この場所に上ると、釜山駅や東区の山腹道路など、釜山駅一帯の夜景を観賞できる。


アクセス:釜山駅のバス停留場から市内バス508番か190番に乗車し、草梁6洞住民センター停留場で下車(所要時間約14分)。バス停留場から横断歩道を渡って道なりに進み、最初の三差路で左方向へ進む。住宅街を通り、最初に出て来た細道を右に曲がって直進。その後山側の坂道を120mほど進む。道が多少複雑なため、釜山駅からタクシーでの移動もおすすめ。詳しいコースなどは、草梁イバグギルのホームページ(www.2bagu.co.kr)を参照。