Skip Navigation

釜山の秋の夜空「まばゆい光の花」で満開に

Enjoy Busan(3)釜山花火大会

第15回 釜山花火大会…11月2日広安里海水浴場


今年で15回目を迎える「釜山花火大会」が11月2日、釜山広域市の海上で行われる。今年は11月25日から27日まで釜山市で開かれる「2019 韓国-ASEAN特別首脳会議」の開幕を祝う意味をこめ、特別な形式で行われる。


花火大会の関連行事は11月2日の午後2時から、広安里(クァンアルリ)海水浴場の特別イベント会場でパントマイムや手品、シャボン玉を使ったバブルショーなどを披露する「花火バスキング(路上パフォーマンス)」を皮切りに始まる。午後6時からはラジオ放送形式で市民から募集した思い出のエピソードを紹介し、内容に合わせた演出で花火を打ち上げる「花火トークショー」も行う。本格的な花火ショーは午後8時にスタート。美しい花火の演出で世界的に有名なイタリア企業「Parente Fireworks Group」が個性豊かな「海外招待花火ショー」を披露する。同8時25分から9時までは、過去最大級の壮大で華麗な花火や照明、音楽が調和する「釜山マルチ花火ショー」が開催され、観客に忘れられない秋の思い出を届ける。


メインイベントの「釜山マルチ花火ショー」は広安里海水浴場のほか、広安(クァンアン)大橋や冬柏島(トンベクソム)、二妓台(イギデ)の海上で、昨年を上回るきらびやかで見ごたえのある花火を打ち上げる。花火は計8万発。今年は特に大型花火を大幅に増やし、例年以上に壮大な花火ショーにしようと準備が進められている。


4-1-4-불꽃축제2

 - 広安里の海上から見た風景
   広安大橋から直線距離1km以内
  ヨット乗船は事前予約必須

4-1 광안리

- 広安里海水浴場の風景  
  広安大橋から直線距離約1.2km
  都市鉄道2号線金蓮山駅3番出口から徒歩7分ほど


4-1 황령산 06

- 金蓮山展望台の風景  
  広安大橋から直線距離約2.6km
  都市鉄道2号線金蓮山駅6番出口から山道を登って30分ほど
  タクシー、自家用車の利用がおすすめ

4-1-2 부산불꽃축제-장산

-長山から見た風景 
  広安大橋から直線距離で約5km
  写真撮影スポットまで、山登りで1時間30分ほど


4-1-3 동생말전망대 (1) 

- 二妓台トンセンマル展望台の風景
  広安大橋から直線距離で約2km
  都市鉄道2号線南川駅3番出口から徒歩30分ほど


■指定席でゆったりと楽しもう

花火を目の前で観賞できる広安里海水浴場の有料席はテーブルと椅子のあるR席と、椅子のみのS席に分かれる。R席は1人あたり10万ウォン、S席は1人あたり7万ウォン。1回目の予約販売「アーリーバード」は既に完売し、2回目の予約販売は9月2日から始まっている。オンラインチケットはインターパークチケット(ticket.interpark.com)でのみ購入可能。日本語を利用する場合は、インターパークグローバルホームページ(www.globalinterpark.com)で言語設定を日本語にした後、検索ツールバーに「fireworks」と入力すれば、第15回釜山花火大会のページに接続できる。

インターネット以外では、釜山銀行の全支店でチケットを購入できる。S席のみの販売で、座席指定はできない。イベント会場の「釜山銀行チケット交換ブース」で予約したチケットと身分証明書を提示すれば、席が割り当てられる。座席配分は会場入りした順に行われ、当日現場で確認できる。


■花火大会、ここがベストスポット!

海雲台(ヘウンデ)海水浴場と海雲台月見の丘(タルマジ)公園では、冬柏島の上空に打ち上がる花火が堪能できるほか、水営(スヨン)区の南川(ナムチョン)港一帯でも、広安大橋とマリンシティ上空を彩る花火が楽しめる。釜山の中心地にそびえる荒領山(ファンニョンサン)と金蓮山(クムニョンサン)では花火と夜景が同時に観賞できるため、毎年人気の「ベストスポット」として知られている。南区龍湖(ヨンホ)洞の二妓台水辺公園も、毎年多くの観客でにぎわっている。


[花火大会の楽しみ方]

1.広安里海水浴場には午後6時前に着いておこう

花火大会のメインイベントは午後8時から。有料座席チケットを購入したり、周辺のカフェなどでテーブル席を予約したりすればゆったりと観覧できるが、特に広安里海水浴場周辺は大勢の観覧客でごった返すことは確実。広安里の海岸付近に行くためには、少なくとも午後6時前に到着しておく必要がある。午後6時以降は、都市鉄道2号線の広安駅から広安里海水浴場へ続くメイン通りを規制する。午後6時を過ぎた場合は、広安駅か金蓮山駅で降り、広安里海水浴場から少し離れた海岸へ直接向かうのがおすすめ。主に海岸中央部に設置された有料席周辺のエリアを目指して人が集まってくるため、両サイドの民楽(ミルラク)水辺公園や南川洞の三益(サミク)ビーチタウン近くに行けば、比較的楽に観覧場所を確保できる。

2.厚手の上着、軽食を携帯しよう

午後6時前に広安里海水浴場に着いた場合、イベントが終わるまでの長時間を野外で過ごすことになる。冷たい海風をしのぐ厚手の上着やレジャーシート、軽食を持参すれば、より快適に花火が楽しめる。ただしアルコール類やソフトドリンクなどを飲みすぎると、人混みの中でトイレに行く頻度が増え、同伴者とはぐれる可能性があるため、飲みすぎには十分注意してほしい。

3.花火大会後、帰宅時間には余裕を持って

花火大会終了後は大勢の人が一斉に移動するため、交通機関は混雑する。花火終了前に近くの飲食店で食事をするなどし、周辺の混雑が落ち着いてから帰宅するのも一案だ。花火の余韻に浸りながら、韓国では外せない「チメク(チキンとビール)」を楽しむのもおすすめ。