Skip Navigation

釜山、アジア最高のゴルフ都市として飛躍を期待

ワイドアングルで見る釜山 ゴルフの街、釜山

今秋LPGA公式ツアー大会を開催…海沿いにゴルフ場が密集
ゴルフと海辺の景観で、ゆったりとしたひと時を楽しもう

 

釜山には美しい景観やプレー中に逆光にならない設計のゴルフ場が海沿いに密集している。今年10月には釜山のゴルフ場でアメリカ女子プロゴルフ(LPGA)ツアーが開催されるとあり、関係者はこれを機に釜山のゴルフ場が海外からも注目を集めると期待を寄せている。今回は代表的なゴルフ場を紹介したい。

 

일본어신문105호
- 世界中のゴルフファンが釜山に注目している。今年10月24~27日の4日間、世界女子プロゴルフ選手権「LPGAインターナショナル釜山」が行われる。大会が行われるアシアードCCと、充実した施設を完備したゴルフ場を紹介する(写真はアシアードCCでゴルフをしている様子)。

 

釜山市機張(キジャン)郡にあるLPGAインターナショナル釜山(旧アシアードカントリークラブ)ゴルフ場では、10月24日から27日まで、 LPGAツアー「BMWレディースチャンピオンシップ」が行われる。昨年3月に大会を誘致したのを契機にゴルフ場の名称を変更し、アジアで唯一「LPGA」の名前を取り入れた。 同大会を盛大かつ快適に執り行うべく、コースの改良工事が6月末まで行われている。コース設計は、世界的なゴルフ場設計の大家であるリース・ジョーンズ氏が指揮。

 

「BMWレディースチャンピオンシップ」には、LPGAの上位70名余りの選手が参加を予定しており、賞金は200万ドル(約22億ウォン相当)になると見られる。LPGAツアー大会は世界最高峰の女子プロゴルフツアーで、韓国のパク・インビやパク・ソンヒョンなどの有名選手をはじめ、世界のそうそうたる女子プロゴルファーが参加する。


「LPGAインターナショナル釜山(アシアードCC)」は、リノベーション工事により3月21日から4月19日まで全面休場する。4月20日から5月19日までは一部コースを休場し、5月20日からはリニューアル後のゴルフコースが楽しめる。LPGAツアー大会の開催により、10月7日から28日の間も全面休場する。

 

同ゴルフ場の近くには、多くのゴルフ場が密集している。

釜山市機張郡萬化里(マナリ)に位置する機張ドンウォンロイヤルカントリークラブ(CC)は、四季折々の変化を感じられる9ホールのゴルフ場だ。

2016年10月のオープン以来、海を眺めながら回れるゴルフ場として多くのゴルファーが足を運ぶ。釜山を代表する観光地の海雲台(ヘウンデ)・松亭(ソンジョン)・大邊港(テビョナン)・龍宮寺(ヨングンサ)とも近い。

 

機張郡日光(イルグァン)の海に隣接しているベイサイドゴルフクラブ(GC)は、丘陵地という恵まれた立地と、優れた景観を誇る快適な自然環境の中で一年中ラウンド可能なゴルフ場だ。2010年9月に、3コース27ホールの規模でオープンした。全ホール南北方向に配置されており、逆光を避けながらコースを回れるよう設計されている。

 

機張郡大邊(テビョン)の海沿いに位置する海雲台ビーチゴルフ&リゾートは、2014年の下半期にオープンした2コース(オーシャン、マウンテンコース)18ホール中、12ホールでオーシャンビューを満喫できるゴルフ場だ。ロッテプレミアムアウトレット東釜山店から車で15分ほどで、交通の便もいい。競技中、海を見ながら軽食が楽しめる「ビーチカフェ(Beach Café)」が有名で、ゴルフとともにリゾート気分も楽しめる。

 

機張郡日光面龍川里(ヨンチョンニ)に位置するストーンゲートカントリークラブ(CC)は、2018年9月にオープンした最も注目のゴルフ場。18ホール規模で、コース設計を世界的に名の知られたゴルフ場設計家の佐藤謙太郎氏が担当し、注目を集めている。

 

4면 골프기사 관련 표