BTS Yet to Come in BUSAN Yet to Come in BUSAN BTS Yet to Come in BUSANmore close

Busan City Hall

推進経過

  • 2002年4月15日
    中国国際航空(Air China)墜落事故(金海(キメ)トッデ山、死者129名、負傷者37名)
  • 2006年12月
    盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領、「南部圏新空港」の検討を公式指示
  • 2011年3月30日
    李明博(イ・ミョンバク)大統領の大統領選挙公約である「東南圏新空港」事業の白紙化発表
  • 2016年6月
    朴槿恵(パク・クネ)大統領の大統領選挙公約である「嶺南(ヨンナム)圏新空港」として金海(キメ)新空港事業決定
    *大邱(テグ)・慶北(キョンボク)地域は、決定に反対する声明を発表(2016年7月1日)、K-2空軍基地と大邱空港の統合移転決定(2016年7月11日)
  • 2017年5月
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領の大統領選挙公約である「東南圏関門空港」建設事業推進
    *「東南圏関門空港」と空港複合都市の建設:急激に拡大する航空需要に対応する航空収容力の確保と仁川空港での災害発生時の代替性の確保のために、「東南圏関門空港」は必要である。
  • 2018年9月9日
    釜蔚慶の市・道知事が、「東南圏関門空港」建設を促す共同合意
  • 2019年2月13日
    文在寅大統領、金海新空港建設事業の見直しを示唆
  • 2019年6月20日
    金海新空港問題、国務総理室移管に合意(釜蔚慶の団体長、国土部長官)
  • 2019年12月~
    「国務総理室金海新空港検証委員会」発足、検証
    * *計21名(委員長1名、委員20名)▶安全・環境・騒音・施設運営需要、各5名ずつ
  • 2020年11月17日
    検証結果発表▸「金海新空港事業の推進において、根本的な見直しが必要(事実上白紙化)」
  • 2020年11月20日/11月26日
    与野党が「加徳島新空港建設のための特別法」を発議
  • 2021年2月26日
    「加徳島新空港建設のための特別法」国会本会議で議決
  • 2021年3月16日
    「加徳島新空港建設のための特別法」公布[施行2021.9.17.]
  • 2021年5月
    事前妥当性調査請負契約(国土部)

必要性

  • 首都圏一極集中化の解消と、仁川国際空港の有事発生時の代替空港として機能
  • 「2030釜山国際博覧会」の開催を成功へ導き、国際観光都市として地域経済の活性化に寄与
  • トライポート(Tri-Port、港湾・空港・鉄道の連携)完成により北東アジア物流のプラットフォームとして浮上
  • 国土の均衡ある発展に向けて、首都圏と並ぶ柱となる「東南圏メガシティ」を構築

建設指針

  • 騒音被害がなく、24時間運用できる空港
  • 障害物がなく、安全で、中長距離路線の運航への制限がない空港
  • 環境破壊を最小限に抑える空港
  • 将来の需要拡大に備え増設可能で、アクセス性に優れた空港
  • 金海新空港(案)の問題点を解消できる空港
    1. ① 短い滑走路、山岳地形の影響による離陸重量の制限及び長距離路線の就航困難
    2. ② 航空機の離着陸制限時間(Curfew Time)(23:00~06:00)の適用により、空港の24時間運用不可
    3. ③ V字型滑走路での運用のため、年間旅客数3,800万人の対応不可
    4. ④ 進入表面に障害物があることにより、異常接近の危険があり、運航の安全性確保が困難
    5. ⑤ 将来の施設容量飽和時 (滑走路、誘導路など)の増設不可
    6. ⑥ 釜山・金海騒音被害地域の拡大、渡り鳥飛来地の環境破壊
    7. ⑦ エコデルタシティ、研究開発特区など周辺開発計画と相反
Gadeokdo New Airport view map 加徳島新空港ウェブサイト (韓国語)
2022年4月
  • 予備妥当性調査、免除
2022年
  • 事業計画の適正性検討
  • 基本計画に着手(並行して実施)
2023年
  • 基本計画完了
  • ターンキー + FastTrack(基本及び実施設計)
2024年
  • ターンキー + FastTrack(基本及び実施設計)
  • 着工
「2030年国際博覧会」開催前
  • 加徳島新空港の竣工・開港

*ターンキー(Turn Key、一括受注契約):受注業者が発注業者から工事を一括で受注し、稼動準備まで完了した状態で譲渡することを約束した建設契約の一種、