Skip Navigation

温かいコーヒーやお茶を飲みながら夕日鑑賞…2019年を振り返ろう

ワイドアングルで見る釜山  釜山市選定の浪漫(ロマン)カフェ、松島海水浴場「TCC」


4-1 권성훈

-松島海水浴場の海岸にあるTCCは夕焼けと夜景の観賞にうってつけの場所だ(日没後に行われる屋上テラスの映画上映)。


12月は街中に飾られたクリスマスツリーやイルミネーションに心を弾ませるのと同時に、年の瀬を実感する季節でもある。ダイナミック釜山ではおすすめの夕日スポットとして多大浦(タデポ)海水浴場を何度か紹介してきたが、今月号ではコーヒーを飲みながら夕日鑑賞できるカフェを紹介したい。赤く染まった夕日を眺めながら、今年1年を振り返ってみてはどうだろうか。


2、3階や屋上テラスでほっと一息
ケーブルカー・海上散策路が一望できる


松島(ソンド)海水浴場に位置するカフェ「TCC」はまさに夕日スポットそのもの。海水浴場の目の前にあり、水平線を赤く染める夕日を観賞できる。釜山シティツアーバスのジャンボバスの停留所もあり、観光客も多数訪れる。


TCCは「The Cafe Coffee」の略で、建物は3階建て。1階で注文して上の階に上がると、2、3階は見晴らしのいいガラス張りで、屋上テラスも開放されている。屋上で海風に当たりながら温かいアメリカーノやミルクティーを楽しむのもいいし、暖房が効いた2、3階でダッチアメリカーノ(水出しコーヒー)やアイスレモネードを飲むのもおすすめだ。


4-1-2

-2階のスタンド座席から見える外の風景。


日没後は屋上で無料映画を上映


広々とした店内には外国人観光客や家族連れなどがゆっくりとくつろげるスペースがある。窓から松島海上ケーブルカーが行き交う様子や、松島クルム(雲)散策路を歩く人々の姿を観察するのも面白い。1人で訪れても、映画や演劇を鑑賞するように、ゆったりと外の風景が満喫できる。


午後4時ごろになると、太陽が少しずつ赤く染まり、屋上のテラスがにぎわい始める。屋上の一角には大型スクリーンがあり、夕日が完全に沈んだ後は無料で映画も楽しめる。


4-1-3 

- TCCメニューの一部。


お役立ち情報:

1.日没後カフェに行くと、屋上テラスで映画が見られる。ただし、夜は冷えるので防寒着を忘れずに。

2.松島海水浴場まで来たら、松島クルム散策路や海上ケーブルカーはお薦めコース。ケーブルカーや散策路を満喫した後は、カフェで一休みしよう。ケーブルカーが到着する岩南(アンナム)公園側にはタイムカプセルが保管できる展望デッキがあり、カップルのデート場所としても知られる。


[利用時間]午前9時~午前0時
[主なメニュー]ダッチアメリカーノ7000ウォン、レモネード6500ウォン、カフェラテ5000ウォン。
[アクセス]釜山シティツアーバス(ジャンボバス)の松島海水浴場前停留所。都市鉄道1号線南浦駅8番出口→市内バス6番に乗り換え→岩南洞住民センター下車→松島海水浴場